Event

【Talk & Movie】-9/23 Theater SCOPE #02

今年のヴェネチアビエンナーレ日本館のキュレーターであり、神奈川芸術文化財団で学芸員を務める中野仁詞氏をゲストにお招きし、彼が神奈川県民ホールギャラリーで企画してきた数々の展覧会からよりすぐりの映像作品、当時のパフォーマンスの記録映像を上映します。

上映アーティスト:泉太郎、小金沢健人、さわひらき、塩田千春(展覧会開催時のパフォーマンスの上映)、八木良太

Theater SCOPE #02
————————————————–
日時:2015年9月23日(水/祝)
14:30 open 15:00~17:30(アフタートーク込)
料金:1000円(+order)
会場:trace
〒600-8834 京都市下京区和気町4 栗塚運輸倉庫2F
Tel 075-201-5125
E-mail info@trace-kyoto.com
Web site http://trace-kyoto.com/
Facebook https://www.facebook.com/tracekyoto
Twitter https://twitter.com/trace_kyoto
主催:Theater SCOPE project
協力:東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)
後援:京都市
————————————————————–
予約・問い合わせ
Theater SCOPE Project:theaterscope@gmail.com
お名前、連絡先、人数を記載して下さい。

中野仁詞 プロフィール:1968年、神奈川県生まれ。
第56回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展(2015年)日本館キュレーター、神奈川芸術文化財団学芸員。 慶應義塾大学大学院美学美術史学専攻前期博士課程修了。主な企画に、パフォーミング・アーツは、音楽詩劇 生田川物語–能「求塚」にもとづく(創作現代能、2004年、神奈川県立音楽堂)、アルマ・マーラーとウィーン世紀末の芸術家たち(音楽・美術、06年、同)、生誕100年ジョン・ケージ せめぎあう時間と空間(音楽・ダンス、11年、神奈川県民ホールギャラリー)。現代美術展では、塩田千春展「沈黙から」 (07年、神奈川県民ホールギャラリー)、小金沢健人展「あれとこれのあいだ」(08年、同)、「日常/場違い」展(09年、同)、「デザインの港。」浅葉克己展(09年、10年、同)、泉太郎展「こねる」(10年、同)、「日常/ワケあり」展(11年、同)、さわひらき展「Whirl」(12年、同)、「日常/オフレコ」展(14年、KAAT神奈川芸術劇場)、八木良太展「サイエンス/フィクション」(15年、神奈川県民ホールギャラリー)ほか。芸術資源マネジメント研究所理事・研究員。女子美術大学、東海大学非常勤講師。

画像:小金沢健人 ≪速度の落書き≫ 2008
撮影:佐藤実咲 写真提供:神奈川県民ホール