Exhibition

「Medium」篠田 優

私は、自らが生きるこの世界の隅々に写真の断片を見出せる気がします。例えば、水面の反射や壁に投影された影、様々なものの輪郭によって縁取られた(フレーミンングされた)光と事物。そのようなものを目にするとき、写真に通じる何かに触れたような感覚を覚えることがあります。もしかしたら写真とは、そのような断片が絡み合った場に生まれる現象ともいえるのでしょうか。そうであるならば、日々私たちの視線が触れ合うものたちには無数の、写真への可能性が潜んでいるのでしょう。 — 篠田 優

なにげない日常の一コマを撮ったような篠田優の写真集をみせてもらった。ページを重ねるにつれて不意にすべての写真の底にあった透明な光が強さを増していく。それは知らぬ間に真剣の穂先がこちらを向いていたような感触で、削ぎ落とされて露わになった写真の本質のようにも感じた。 — 山口和也(trace)

「Medium」篠田 優
————————————————–
会期: 2016年7月8日(金)〜30日(土) の金/土曜日のみ
15:00-22:00 入場無料
☆トークイベント「あらわれるもの」
最終日に篠田 優(写真家)と山口和也(美術家/trace代表)による
トークイベントを開催します。二人の作品に共通する偶然性についてなど話します。
日時: 2016年7月30日(土) 18:00-19:00 参加無料

会場:trace (トレース)
〒600-8834 京都市下京区和気町4 栗塚運輸倉庫2F
Tel: 075-201-5125
Mail info@trace-kyoto.com
Web http://trace-kyoto.com/
Facebook https://www.facebook.com/tracekyoto
Twitter https://twitter.com/trace_kyoto
————————————————–

篠田 優 http://www.shinodayu.com/
1986 長野県出身 現在、東京都在住
2010 上智大学 経済学部 経営学科 卒業
2013 東京工芸大学 芸術学部 写真学科 卒業
・グループ展
2013 Recommend展 ニコンサロンbis新宿(東京)
世界—私 新宿眼科画廊(東京)
・受賞
2012 EINSTEIN PHOTO COMPETITION X2 岩渕貞哉賞
2013 塩竈フォトフェスティバル写真賞 大賞
東京工芸大学写真学科賞