Exhibition

山口 和也「天井画と新作展」in 観音寺

昨年の春、兵庫県高砂市にある観音寺本堂内陣の天井へ山口和也筆「鳳凰図」が納められました。本展 山口和也「天井画と新作展」では、その天井画「鳳凰図」の一般公開と、この「鳳凰図」の大きな特徴である箔や特製花火を用いた独自の描画手法を発展させることによって生まれた山口の新作絵画の展示、そして昨冬より石川県南加賀にある限界集落に通い、山からの湧水と自生する雁皮のみを原料とした原初的な手法によって山口自らが一枚づつ漉いた雁皮紙を支持体とした最新作を展示します

観音寺は、鎌倉時代元久年間(1204~1206 年)にこの地を訪れた 俊乗坊重源によって寺の建立が命じられ、室町時代天文 3 年(1534 年)に開山。 現在、観音堂のある場所に「安阿弥」つまり快慶の作と云われている十一面観音像を安置して「観音寺」と称しました。元禄5年(1692 年)には善導大師の忌日法要で ある「善導忌」の第1回が観音寺より始まり、17 回目の輪番である平成 28 年(2016 年)「善導忌」に「鳳凰図」が描かれました。

山口 和也「天井画と新作展」

————————————————–
会期:2017年9月22日(金)〜25日(月)
10:00-17:00(最終日15:00)
会場:観音寺
〒676-0007 兵庫県高砂市荒井町中町5-8
Tel 079-443-3722
主催(問合せ先):trace(トレース)
〒600-8834 京都市下京区和気町4 栗塚運輸倉庫2F
Tel 075-201-5125
Mail info@trace-kyoto.com
Web http://trace-kyoto.com/
————————————————–
-アクセス-
【 京都方面からの電車 】〈JR〉新快速で加古川駅下車→タクシー約13分、または加古川駅から乗り換えて宝殿駅下車 →タクシー約10分、またはじょうとんバス1•5系統で若宮駅下車 徒歩約7分。〈JR+山陽電車〉新快速で明石駅(山陽電車へ乗り換え)→荒井駅または伊保駅下車→徒歩約7分。
【 姫路方面からの電車 】
〈JR〉宝殿駅下車→タクシー約10分。またはじょうとんバス1•5系統で若宮駅下車 徒歩約7分。〈山陽電車〉荒井駅または伊保駅下車→徒歩約7分。
【 駐車場 】お車でご来場の際には山門前の無料駐車場をご利用下さい。