MENU
\5と0のつく日は楽天ポイント4倍!/クーポン

前田穂南の父親と母親は陸上経験者?家族構成は?両親の優しさが泣ける!

当ページのリンクには広告が含まれています。

2024年1月28日に開催された「大阪国際女子マラソン」で、19年前に野口みずきさんが出した女子マラソン日本新記録を見事更新し、日本女子最速となった前田穂南(まえだ ほなみ)選手。

日本人初の2時間18分台の快挙も達成し、全国のスポーツファンを沸かせました。

32キロ地点から前田穂南選手と並走する父親の姿がテレビ中継に映ったことで、胸をうたれた人が続出しSNSでも話題になっています。

また、並走する父親の足の速さから「元陸上選手なのでは?」という声もあがりました。

今回は、前田穂南選手の父親と母親は陸上経験者なのか、家族構成や両親とのエピソードなども調査します。

この記事で分かること
  • 前田穂南選手の父親と母親のプロフィール
  • 前田穂南選手の家族構成
  • 前田穂南選手と両親の優しいエピソード
目次

前田穂南の父親と母親は陸上経験者?

調査した結果、陸上経験者という情報はありません。

前田穂南選手の父親は、大阪国際女子マラソンで前田穂南選手に負けない速さで並走していましたよね。

そのことから、前田穂南選手の父親は陸上経験者なのでは?と噂になりました。

50歳とは思えない速さに、テレビ中継を観ていた人は釘付けになったと思います!

前田穂南の家族構成は?

前田穂南選手は父・母・弟の4人家族です。

画像出典元:日刊スポーツ

父親:前田哲宏(あきひろ)さん

  • 50歳(2024年1月現在)
  • 元ラグビー選手

前田穂南選手の父親は、元ラグビー選手でした。

あの俊足にも納得です!

母親:前田麻理さん

  • 50歳(2024年1月現在)

前田穂南選手の母親はニュースなどに出ていましたが、写真は見つかりませんでした。

弟:前田翔斗さん

  • 1998年生まれ
  • 神戸学院大学在学中
  • サッカー部に所属

前田穂南選手の弟の写真は見つかりませんでした。

前田穂南の両親の優しさの泣けるエピソード5選

前田穂南選手と両親のエピソードを紹介します。

優しさの泣けるエピソード①

前田穂南選手の母親は、とても教育熱心でたくさんの習い事をさせていたそうです。

その理由は、前田穂南選手の将来の可能性を広げるため。

2歳から高校までピアノを習い、小学生の頃は美術教室、バスケットボール、水泳、そろばんを習っていました。

今に繋がるマラソン教室にも小学生から通っていたそうです。

前田穂南選手さんの可能性を信じる強い愛を感じますね。

優しさの泣けるエピソード②

前田穂南選手がO脚が気になっていた母親は、家の中での正座を禁止にしていたそう。

前田穂南選手は身長166㎝と高身長で足が長いですよね。

母親のこうした気にかけが、成長に影響したのかもしれないですね!

優しさの泣けるエピソード③

大阪薫英女学院高等学校の陸上部だった前田穂南選手。

卒業式では「五輪に出る」と宣言していたそうですが、念願だった東京オリンピックに出場した時には、左足首の不調により結果は33位でした。

その後も不調が続き落ち込んだ前田穂南選手は、母親には「陸上をやめたい」と漏らしていたそうです。

母親の支えがあって、今回の記録に繋がったのかもしれませんね。

優しさの泣けるエピソード④

今回の大阪国際女子マラソンで前田穂南選手と並走した父親ですが、「じっとしてられなかった。最後は見られなかった」と思わず体が動いたことをインタビューで答えています。

ペースメーカーが離れ苦しい局面にたった娘を見て、居ても立っても居られなくなり走り出した父親の姿は、前田穂南選手にも見えたそうで後押しに感謝していました。

優しさの泣けるエピソード⑤

同じ大阪国際女子マラソンで、母親は沿道から「ホーちゃん、いいよいいよ!」「ホーちゃん、ファイト!」と大きな声で励まし続けました。

父親の並走と母親の声かけ、どちらも前田穂南選手の力になったことでしょう!

まとめ

今回は、「大阪国際女子マラソン」で、19年ぶりに女子マラソン日本記録を更新した前田穂南選手について調査しました。

父親・母親が陸上経験者かどうかは分かりませんでしたが、並走した父親は元ラグビー選手ということが発覚!

家族構成は、父親・母親・弟の4人家族で、心温まる優しいエピソードがたくさんある素敵な家庭で育ったことも分かりましたね!

これからの前田穂南選手の更なる飛躍を期待しましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次